多重債務からの脱出

多重債務の生活に、限界が見えた時に私がしたこと

 

 

今、あなたには
借金のなかったあの頃のような、青い空が見えていますか?

 

=いつも頭の中は多重債務のことでいっぱい=

 

借金の返済ばかりを考える毎日。
晴れ渡った日の青い空も、まるでフィルター越しに見ているようにくすんで見えたりしていませんか?

 

 

★仕事は集中できない、プライベートも楽しくない

 

実は私も、あなたと同じ多重債務者でした。

 

そして、多重債務というストレスに、私の体と心は蝕まれ、とうとう「もうここまで・・・」と、限界を迎える時が来てしまいました。

 

それは2007年8月にのこと、もう借りる術も、返す術もなくなり心身ともにボロボロの状態でした。

 

そしてついに債務整理へと、重い腰をと上げました・・。

 

 

あなたは今、いかがお過ごしですか?

 

あなたも、私のように多重債務で火達磨になってしまう日が刻々と近づいてきてはいませんか?

 

★多重債務の返済に行き詰ってどうにもならなくなった方、督促の電話が鳴り響いている方

 

こんな多重債務の地獄から一日も早く脱出するためにも、そろそろ債務整理で多重の借金にけりをつけてしまいませんか?

 

まずは立ち上がる勇気を持ちましょう!

 

もう一度、あの時のような青い空を見るためにも。

 

 

でも、「いきなり相談するのも・・・。」

そんな時には、匿名で受けられるメール相談もありますので、そこから始めてみみてください。シミュレーターのいくつかの設問に答えるだけで、あなたに合った相談所を見つけ出してくれます。

 

↓シミュレーターはこちらから↓

 

女性の方はこちらもチェック>>女性専用の多重債務整理相談

 

 

多重債務からの脱出を決意

 

多重債務から逃れようとしても放って置く訳にはいきません

 

返済日が近づけばさらに地獄の日々が待っています。

 

実は私もかなり高額な多重債務者でした。
しがないサラリーマンが気がつくと、600万もの多重債務を背負っていたんです。

 

そして’07年夏、とうとう自力ではどうにもならなくなってしまいました。

 

返済日はもうそこまで近づいています。
しかしお金の工面はできません。完全に行き詰りです。

 

多重債務からの脱出|債務整理で借金返済

 

でもだからといって多重債務から逃げ出すことは許されません。

 

『この地獄から早く脱出したい!!』
そして『また、あの青い空が見たい!!』

 

だから最後の手段に打って出るため、重い腰を上げました。

 

多重債務脱出の扉が見つかった喜び

 

一本のメールから希望が見えてきた!

 

 

ヤミ金に走る寸前でした。しかし、そんなところに足を踏み入れてしまえば底なし沼。
(多少踏み込んだこともありますが・・・)
となるとと残る手立てはひとつ。そう、債務整理です。

 

悩みに悩んだ末、取りあえず専門家(弁護士、司法書士)に私の現状をメールしてみました。
すると専門家の方から、勇気付けられる返信メールが届きました。

 

そのメールを見て「青い空が見られそうだ!」そう思ったとき、絶望の闇の彼方から「多重債務脱出への扉」が浮かび上がってきました。

 

 

私はこのメールのおかげで、いくつかある多重債務の整理方法から任意整理を選び多重債務という借金地獄から抜け出す道を歩むことができました。

 

もし私のように多重債務でどうにもならなくなってしまった方、どうかヤミ金などには絶対走らないでください。

 

とにかく一日も早くこの多重債務という地獄から這い上がることを考えてください。身も心もすっきりとさせ、すがすがしい気持ちで、あの「青い空」が見られるようになりましょう。

 

多重債務からの脱出方法は自己破産ばかりではありません。

 

必ずあなたにあった債務整理の方法はあります。ご一緒にその方法を探しに行きましょう。

 

 

 

あなたも思い切って相談してみませんか?

 

ノープロブレム

 

 

今あなたが弁護士や司法書士のお世話になることを躊躇しているのは何故ですか?

 

多重債務が家族に知られること?自分でした借金はちゃんと返したいから?業者が怖い?まだまだ貸してくれるところがあるから?

 

でも本音は、もうこんな毎日から抜け出したいと思っていますよね?

 

だからきっとこのサイトにたどり着いたんだと思います。
あなたにとって必ずいい方法はあると思います。だから自分を追い込まないでくださいね。

 

たとえば過去に債務整理を経験していても、まだ方法はありますよ。
現に私は2度目の任意整理ですから・・・。
(私は今、こんな自分のあさはかさを戒めながらこのサイトを綴っています。)

 

多重債務からの脱出|債務整理で借金返済

>家族や会社にバレるのが怖い?弁護士費用がない?

 

そんなのはノープロブレムです。

 

私の場合、会社はもちろん、家族も多重債務を整理したことは知りません。

 

サラ金の返済金も支払えなかった私でも、初期費用が掛からなかったので、すぐに多重債務整理に入れました。

 

さぁ、目を醒ましましょう。あとはあなたの決断だけなのですから・・。

 

こんな苦しみから一日も早く脱出してしまいましょう!

 

 

 

↓匿名で申し込める相談窓口↓

 

多重債務整理の方法

 

自己破産だけじゃありません!

 

多重債務の借金解決は、自己破産ばかりではありません。個人再生や任意整理などと、あなたの状況に応じて方法はいくつかあります。

 

多重債務だから、自己破産しなくてはいけないと思い込む前に、あなたがどのような方法で借金地獄から抜け出せるのか?また、債務整理にはどのような方法があるのかといった情報も頭に入れておきましょう。

 

いろいろな債務整理の仕方

  • 任意整理→利息をなくしてもらう方法。場合によっては借金減額も。
  • 個人再生(民事再生)→借金を1/5まで減額してもらるので多重の借金がある方は要チェック。
  • 特定調停→裁判所に仲裁に入ってもらい借金を減額。
  • 自己破産→財産に影響が出ますが借金はなくなります。

(各ページにメリット、デメリットも掲載しています。)

 

以上のように、債務整理にはいろいろな方法はあります。債務整理を考える際の参考にしてください。但し、どんなに詳細に書かれている文献を読んだとしても、あなたにとって最良の債務整理を見つけることは困難です。

 

あなたにとって最良の方法を見つけ出すには、やはり弁護士や司法書士といった債務整理に詳しい専門家の相談を受けてアドバイスをもらうことに尽きるでしょう。

 

 

※良かったら、私の実体験も多重債務整理の参考にしてみてください。

 

 

【借金返済シュミレーター】完全無料で自分に合った借金の解決方法を相談できます。

 

多重債務コラム

 

多重債務についての豆知識や情報をご紹介

 

あなたの多重債務解決のお役に立てば幸いです。

多重債務者とは

多重債務者とは、複数の貸金業者(クレジット会社・銀行・消費者金融など)からの債務(借金)を持っている人で、その多くの人は返済の窮地に追い込まれています。多重債務者になると、困難になった返済のために、さらに借金を重ねてしまい、自力ではその負のスパイラルからの脱出が不可能になってしまいます。

 

そのため、その多くの多重債務者は、最終的に自己破産や、民事再生(個人再生)、任意整理などの債務整理と呼ばれる救済措置を行い、その窮地から逃れています。

 

また債務の多くは、サラ金などの消費者金融やクレジットカード会社や金融業者からの借り入れです。多重債務になってくると、100万円以上の借金をしていることが多く、500万円、さらには1000万円以上といった借金を背負ってしまう場合も少なくありません。

 

その借金は、銀行の住宅ローンや自動車ローンなどとは違い、使い道自由で、簡単に20万、30万といった金額が借り入れできてしまいます。そのため、手軽に借りられる貸金業者(消費者金融)から、安易に借金を繰り返してしまい、気が付くと自分の力では返済が困難な金額にまで膨れ上がってしまいます。

 

最近では、そんな借り入れ過多を防ぐ為に、総量規制という法律ができ、銀行を除く貸金業者(消費者金融など)からの借入の総額が自分の年収の1/3以上の借金(使途自由な個人向け貸付)はできないように制限されています。

 

 

 

債務整理に関連する5つの法律

借金解決にあたって行われる債務整理は法律に基づいて行われます。その法律にはどのようなものがあるのでしょうか?債務整理を行う際に用いられる法律を簡単にご紹介してみましょう。

 

債務整理に関連する5つの法律

  1. 利息制限法
  2. 出資法
  3. 貸金業規制法(サラ金規制法)
  4. 破産法
  5. 民事再生法

 

@利息制限法
利息の上限を取り決めている法律で、借入額によってその限度が決められています。
ここで定められた利率よりも高い利息で貸金業者が貸し出した利息は、定められた利率の超過分が無効となり、支払いの義務はなくなります。
定められた利率は以下に区分されます。

 

一)元本の額が十万円未満の場合 年二割
二)元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三)元本の額が百万円以上の場合 年一割五分
(参考:利息制限法より)

 

A出資法
正式には「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」という法律で、貸金業者に対して貸し付けの際の金利の上限を定めた法律です。
これを違反した場合には、五年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金に処されます。

 

B貸金業規制法(サラ金規制法)
消費者金融やクレジット会社などの貸金業者からの借り入れについて取り決められた法律で、多重債務者の増加が深刻な社会問題となってきた今日、それらの解決策として従来からの法律並びに貸金業者の業務内容などの見直しおよび改正を目的として、平成18年12月に成立し段階的に施行され、最終的に平成22年6月18日全ての規定が施工されました。

 

C破産法
多重債務などで借入金の返済が不能になり破産することになった際に、その債務者の財産などを清算に関する手続きや免責事項を定めた法律です。
債務者の財産を公平に債権者に分配できるように取り図られたり、また債務者に関しては、破産後の生活の再生機会の確保の確保を目的として作られました。

 

D民事再生法(個人再生法)
民事再生法は企業ばかりではなく個人でも行うことができます。債務者の返済負担が大幅に圧縮され、その後の経済生活の再生を取り図ってくれます。
特に多重債務で大きな金額になってしまった債務者にはありがたい法律です。

 

 

以上の法律を詳しく知りたい方は「電子政府の総合窓口e-Gov」でご覧いただけます。

http://www.e-gov.go.jp/index.html

 

消費者金融の債務整理

消費者金融(貸金業者)でしてしまった借金が度を過ぎて債務整理に陥ってしまう人は後を絶ちません。多重債務者の減少を図るために、平成22年に総量規制という規制法ができて、消費者金融などの貸金業者からは、年収の1/3までしか借り入れができなくなりました。

 

しかし年収の1/3の金額を借金してしまったら、普通の人ではそれだけで返済は不能になってしまいます。特に、一度にかなりの額が借りられてしまったり、いくつもの消費者金融から同時進行で借り入れを作ってしまう多重債務は大変危険です。

 

ちょっと気を緩めてしまうと、年収の1/3という上限はあっという間にMAXになってしまいます。返済するお金をまた調達するために借金という自転車操業でドンドン多重債務は膨らみます。

 

そんなとき、ほとんどの人はその多重債務の債務整理を躊躇してしまいます。もちろん借りたお金は返すのが道理です。しかし、そこまでポンポンと貸し付けてしまった消費者金融にも非はあるといえるのではないでしょうか?

 

もちろん、返済日を過ぎても返済を滞らせ逃げ回っているような場合には、大手の温厚な消費者金融でさえも許してはくれません。

 

しかし、どうしても返済ができないという場合には、きちんと法的な手続きを真摯に行うことで、ほとんどの消費者金融は債務整理の和解の席についてくれます。

 

その際には、個人でもその交渉を行うことはできますが、弁護士や司法書士といった法の専門家に依頼することでよりスムーズに和解が成立します。

 

債務整理を得意とする法律事務所では、無料で電話相談も行っているので、そのような窓口も利用してみましょう。

 

消費者金融からの借り入れの債務整理を躊躇することで、将来のあなたの人生を台無しにするようなことのないようにしてください。

 

 

多重債務の無料電話相談窓口

通常、弁護士や司法書士に多重債務の相談する場合、相談だけでも30分に5,000円程度の費用が掛かってしまいます。しかし、クレジット・サラ金などの多重債務の相談は無料で行ってくれますので、お金がないからとあきらめてしまわずにぜひ専門家の相談を受けることをお勧めします。

 

どうしても電話がしにくいという場合には、メールで悩みを聞いてもらうこともできます。その後、電話で直接相談することで、あなたの多重に及ぶ借金の解決は現実味を帯びてくると思います。

 

無料電話相談窓口の電話の向こうには、あなたと同じように借金で苦しんでいた多くの人を助け出した専門家がいます。どうぞ今のあなたの借金に対する悩みや心配事を吐露して見てください。

 

多重債務はあっという間に大きくなります。借金の返済に困ったとき、その時が多重債務との決別の時です。

 

多重債務and法律事務所

多くのサラ金やクレジットなどから、多額の借金をしてしまっている多重債務者の行きつくところは債務整理です。そしてその債務整理を行ってくれるのが、弁護士や司法書士が所属する法律事務所です。

 

債務整理は、法律事務所に依頼せずに個人で行うことも可能です。しかし、債務整理に関する手続きや、司法的な理解度、また、債権者(借入先)との話し合いなどと、素人には難しいことが多いため、多くの多重債務者は法律事務所に依頼している人が実情です。

 

最近では、債務整理に関する相談がインターネットで簡単に行えるようになってきているので、以前よりも法律事務所の敷居を高く感じる人が少なくなっているようです。

 

また、法律事務所の相談は、通常30分で5,000円程度の相談料がかかりますが、債務整理については、無料で相談にのってくれる事務所が増えていることも、ネット相談を利用する人が増えているひとつの要因ともいえるでしょう。

 

多重債務者から法律事務所が借金の相談を受けると、法律事務所の弁護士や司法書士がその相談者にあった解決法(どの債務整理があっているか)を考えてくれます。

 

その解決策に相談者(多重債務者)が納得したら、その法律事務所に債務整理を依頼をすることもできますが、相談したからと言って、その事務所に依頼しなくてはならないということはありません。

 

ただ、たくさんの法律事務所がある中で、そのすべての法律事務所が、債務整理に詳しいということではありません。法律事務所には、法律に関しての様々な問題の相談が集まってきます。そして、法律事務所ごとに、得意な案件があります。

 

ですから、法律事務所だからと言って、どこでも構わず相談するのではなく、債務整理を得意とする法律事務所を選ぶことが大切です。

 

債務整理を得意とする法律事務所では、サラ金や闇金との交渉も慣れているので、より有利な交渉結果が期待できますし、費用も安くあ上がることも期待できます。

 

そのような法律事務所では、インターネット上で、債務整理の無料電話相談窓口を開設しています。またその中でも評判の良い法律事務所を探すには、当サイトのような債務整理についてのホームページなどで紹介されている法律事務所を選んでみるのもお勧めです。

 

多重債務者の末路

多額な借金を背負ってしまっている多重債務者の末路は悲惨なものがあります。最近では、ニュース沙汰になるような事件は減っては来ていますが、それでもまだ、悲惨な末路を歩んでしまう人は後を絶ちません。

 

返済を苦に、自殺に追い込まれてしまったり、家出をしてホームレスとなって身を潜めていたり、強盗事件などを引き起こしてしまう人などが断ち切れたわけではありません。しかし、すべての多重債務者が、そんな悲惨な末路を歩んでしまうわけではありません。

 

もちろん、多重債務者となってしまうと、日々の苦しい返済生活で、大きなストレスを抱えて生きなくてはならないのは事実ですが、多くの多重債務者は、債務整理行うことで更生しています。

 

それでも、債務整理のことをきちんと理解して、債務整理を行う決意をするまでには、かなり時間がかかってしまいます。それは、債務整理をすることが、家族や知人、勤め先に知られてしまうことを恐れてしまい、そのまま手を打つことなく先延ばしにしてしまうからといえるでしょう。

 

また、弁護士や司法書士といった専門家に相談したくても、お説教されそうだとか、お堅い仕事についている人に接することは苦手だなどと、行動を起こせない人も少なくないようです。

 

少しでも早く、債務整理を意識して、債務整理を知ることで、大きなダメージを回避することが可能です。いずれはどこかで、債務整理を行わなければ、多重債務は解決できないことを、逃げることなく真摯に受け止めなくてはなりません。

 

多重債務で悲惨な末路を歩まないためには、債務整理の専門家である弁護士や司法書士の無料相談を積極的に利用してみることが大切なことといえます。

 

ヤミ金融業者(ヤミ金)

多くの多重債務者が、借入金額が膨らみ、消費者金融などからの借り入れができなくなってたどり着くのが、ヤミ金と呼ばれる違法貸金業者です。ヤミ金といわれるのは、貸金業者として登録することなく、違法な利息で貸し付けしたり、違法な取り立てを行う闇の金融業者だからです。

 

真っ当な金融会社からお金を借りられなくなった多重債務者は、それこそ総量規制も無視して、簡単にお金の貸し出しを行ってくれるこんなヤミ金融に、ついつい借り入れを申し込んでしまいます。
しかし、ヤミ金融はあくまでも違法であり、利息も取り立ても通常の貸金業者の比ではありません。悪徳な行為はそれだけではなく、勝手に銀行口座にお金を振り込み、高利で返済を求めたりなど、債務者の骨の髄までしゃぶりつくします。
普通の弁護士や司法書士ではヤミ金には手を焼いてしまいます。

 

そのような時には、ヤミの金融業者との交渉を得意とする弁護士や司法書士に依頼することが好ましいでしょう。ヤミ金を得意としている弁護士などの情報は、インターネットで検索すればたくさん出てきますので、ヤミ金に困っていたら調べてみましょう。無料電話相談なども行ってくれます。

 

民事再生(個人再生)・自己破産


多重債務に陥ってしまった人は、任意整理では、借入金額が多すぎて対処できない場合があります。その場合には、民事再生(個人再生)という方法や、最終的には、借金をすべて0にしてもらう自己破産といった方法で解決してくことになります。

 

できることなら、手続きも簡単で、官報に記載されることも、裁判所を解すこともない任意整理をおすすめしたいのですが、任意整理では大きな減額が見込めないため、貸金業者からの借り入れが多い多重債務者には、民事再生(個人再生)や、自己破産が向いている場合も少なくありません。

 

民事再生も自己破産も、大きく元金を減額(自己破産はすべての借金が免除)が見込めて、大変助かる方法ですが、官報に掲載されたり、裁判所に個人再生や自己破産を行うことを認めてもらわなければならないなどと、任意整理よりも手がかかってしまいます。

 

官報に名前が掲載されることについては、一般の方の多くは、ほとんど官報に目を触れることさえないので、官報に掲載されたからと、知り合いにばれてしまうというものではないようです。

 

しかし、裁判所が介入することについては、それなりの手続きが必要だったり、提出するものも多かったりとかなりの手間がかかってしまいます。

 

いずれにせよ、借金や今の生活の状況によって、どの方法をとるのかが決まってきます。弁護士や司法書士といった専門家の相談を受ければ、現状に合った最良の方法をアドバイスしてもらえるので、まずは一人で悩まず、専門家に相談することが大事なことといえます。

 

個人再生(民事再生)・自己破産については以下のページも参考にしてみてください。

 

個人再生(民事再生)とは

自己破産とは

 

 

↓匿名で申し込める相談窓口↓

 

 
ヤミ金の取立て電話に困った 300万の借金返済