任意整理の返済

任意整理の返済を行うときには、各人が直接 債権者の指定口座に振り込む場合と、弁護士や司法書士の事務所に合計金額を入金して、事務所がそれぞれの債権者に振り込んでくれる場合の2通りがあるようです。

 

私の場合は、その両方を経験しました。というのも、お恥ずかしながら私は2度任意整理を経験しているので、1度目の時は後者、2度目の時は前者の方法で返済していました。

 

多重債務の場合、6件も7件も借入先があるので、自分で振込をするのは結構大変です。間違った金額を振り込まないよう、毎月の返済日には何度もチェックしながら振り込んでいました。

それでも、一番少額の借入先の返済が済んだときにはうれしかったのを覚えています。まだまだ先は長いとわかってはいても、自転車操業をして、元金が全然減っていかなかったあの頃を思い出すと、完済できること自体がうれしいものです。

その後徐々に1社。2社と完済しながら、ついに最後に残った1社が完済して、借金がすべて終わった時のうれしさは、涙がこみ上げてくるほどうれしかったのを覚えています。

 

このページの先頭へ