ソフトヤミ金?

怖いところも結構見ましたが、どうにか本当に危ないヤミ金だけはうまく通り抜けていたようです。

多重債務で返済のお金に困ったとき、夕刊紙の広告欄に掲載されている危なめな金融会社に何度か頼ったことがあります。

 

薄汚れたビルの薄暗い事務所や、事務机一つだけで営業しているところ。また普通のマンションの一室で、応接セットの椅子に座らされ申込書を書かせられたところ。

 

さらには見るからにやばそうな人が巻き舌で応対してくれたところなど、よく簡単に完済を受理してくれたものだと今になって恐ろしくなってきます。

あのころは、とにかくお金を借りられなければ、返済できない状態に追い込まれていたので、怖いなどといってはいられず必死だったんですね。

それでお、錦糸町にあった巻き舌のおじさんのところは、毎月返済に行くとなぜか百円ライターを毎回くれ、ちゃんとお客さん扱いしてくれるギャップが面白かったことを覚えています。

しかし、今はさすがにもうそんなところへの出入りはまっぴらごめんですww

このページの先頭へ