正月休みに毎年思うこと・・

今年のお正月は、暖かくて天気も良く、気持ちのよいお正月でした。

そんな正月をゆったりと過ごせるのも、借金の心配をしなくて済むようになってからです。

債務整理をする前の正月と言ったら、正月休みが終われば、またいつもの返済の工面の心配が始まります。

年末から正月にかけて、仕事からもサラ金からも一時的に解放されますが、三が日も過ぎれば現実に引き戻され、借金のことで、また胃のあたりが重たくなってきます。

 

今年の元旦に、近くの神社に初もうでに行く途中、雲一つない空を眺め、本当にすがすがしさを感じた時、ふと、借金をしていたあの当時のことを思い出しました。

あの当時も、こんな晴れ晴れとした正月は何度もありましたが、すがすがしいどころか、借金におびえて生活をしている自分がみじめで、涙が込み上げてきたものでした。

もっと早く債務整理をしていたら、あんなにみじめな気持を、あんなに長い間味わうこともなかったのに・・。

本当に、人生の大事な時間を無駄遣いしてしまいました。

もし、これを読んでいるあなたも、そんなみじめな気持ちを味わっているのなら、債務整理で、一日も早くそこから抜け出てください。

 

私の綴ったホームページでも述べていますが、債務整理はあなたが思っているほど難しいものではありません。

借金苦は、大事な人生の無駄遣いの何物でもありません。あなたも私のように、そんな借金生活から足を洗って、もう一度新しい人生をリスタートしてください。

>>私のホームページは、こちらから・・。

このページの先頭へ