自己破産で多重債務をすべて帳消し

自己破産とは

 

借金がすべて帳消し

 

 

自己破産は、返済いが不能になってしまった場合、裁判所に自己破産の申し立てをすることにより借金をすべて免除してもらうという方法です。

 

裁判所からの免責決定が確定すると借金の返済が免除になりますが、支払いが完全に不能でなかったり、借金の理由によっては免責にならない場合があるようです。

 

免責が確定した場合は、自己の持つ土地や、車、宝石類などの高額な換金できる財産は換金され、債権者に配当されます。

 

したがって、生活に最低限必要とされるもの以外の贅沢品や高価なものは失うことになります。

 

多額の多重債務で返済が不能になっているような場合には、この自己破産が裁判所で認められれば、今の借金をすべてを帳消しにしてもらえます。

 

自己破産のメリット

 

取立てが止まる

 

弁護士や認定司法書士に自己破産を依頼した場合は、債権者が債務者に対しての借金取立ては法によりできなくなります。

 

取り立てがストップするだけでも精神的に安定するのではないでしょうか。
(自己破産を個人が申立てることもできますが、取立ては申立て後からのストップとなります。個人では申し立てまで時間がかかっててしまう場合もありますが、弁護士や司法書士に依頼すれば直ちに取り立てはストップします。)

 

借金が全て免除される

 

 支払う能力がなくなってしまった場合裁判所の免責決定が確定すれば借金の返済の義務が全てなくなります。

 

自己破産のデメリット

 

財産は清算される

 

持ち家や車、宝石類、有価証券などの財産は換金され、債権者へ配当されます
ので、財産は手放さなければなりません。(生活に必用最低限のものは残されま す。)

 

官報に記載される

 

政府発行の官報に自己破産したことが記載される。ただ、一般の人は読むこと はほとんどないと思われますのであまり気にすることはないようです。)

 

一定期間就業に規制がある

 

免責が許可されるまでの期間に資格や職業上の規制があります。
保険外交員や警備員、会計士や会社役員などで今その職についている方は専 門家にご確認ください。

 

ブラックリスト

 

金融機関等の情報機関でブラックリストとなり5年〜7年は融資やローンは受け  付けられなくなります。

 

保証人がついてしまっている場合

 

債務者本人の借金はなくなりますが、保証人の債務はなくなりません。したがっ てその債務は保障人に請求されてしまいます。保証人がついてしまっている場  合の整理は多大なる迷惑をかけてしまうことになりますので難しくなります。

 

 

※詳しくは必ず専門家のサイトなどで確認してください。

 

 

まずは無料借金減額シミュレーターであなたに最適な相談所をチェック
↓    ↓    ↓    ↓    ↓