マイホームを残して多重債務から脱出できる?

債務整理してもマイホームは手放したくない

 

大事な我が家を残したい!

 

 

債務整理をすると、マイホーム((家)を処分しなくてはいけないのではないかと心配している方も少なくありません。特に多重債務者の場合は、その借金額もかなり多額になっている場合があるので心配ですね。

 

確かに自己破産など一部の債務整理の方法では、手放さなくてはならない場合がありますが、任意整理ならマイホームはもちろん、その他の財産においても手放すことなく行えます。

 

また、住宅ローンを支払い中の自宅なら、「個人再生」という方法でその自宅を手放すことなく債務整理を行うことができます。

 

家を残せる債務整理、残せない債務整理

 

任意整理はマイホームをのこせる?

 

任意整理の場合は、現在支払い中の住宅ローンや自動車ローンなどの※担保付借入れをそのまま支払いを続けていけば、マイホームに限らず、あなたの所有する財産を一切手放すことなく行えます。
※担保付借入:住宅ローンや自動車ローンなど担保権が付随する借入れ。

 

ただし、担保付借入の支払い中の業者もその任意整理の対象に含めてしまうと、現在支払い中のものを引き上げられてしまうことがあります。

 

しかし、任意整理は整理を行う業者を選ぶことができるので、消費者金融など、現金の借り入れだけのところをその対象にして、それ以外のローン支払い中の業者は除いておけば、それを引きあがられてしまうといった心配ありません。

 

 

個人再生はマイホームをのこせる?

 

個人再生では、「住宅ローン特則」の定めによりマイホームを手放すことなく債務整理を行うことができます。しかしその住宅はローンの支払い中の住宅のみが対象で、ローンの支払いが済んでいるような、ローンの支払いが行われていない住宅は除外になってしまいます。

 

ローン中の住宅なら、ほとんどは手放さずに個人再生を行えると思われますが、その住宅を担保に貸金業者から借り入れを行っていたり、その他にも「住宅ローン特則」に準拠していない場合には認めてもらえないことがあります。

 

もし、個人再生を希望する場合には専門家に相談して判断を仰ぎましょう。

 

自己破産はマイホームをのこせる?

 

自己破産の場合には、残念ながらマイホームは競売にかけられ、その売れた金額で債権者への返済に充てることになります。

 

もしその住居がローンの支払い中であったら個人再生の「住宅ローン特則」で残すことができないかを専門家に相談してみてください。

 

 

毎月15000人以上が訪れる債務相談サイト
↓    ↓    ↓    ↓