多重債務からの脱出

=あなたの借金どうする?=

↓貴方の現状にあった相談窓口が見つかる! ↓

多重債務を一本化する?

 

一本化は逃げ道ではありません

 

 

多重債務を一本化することをお考えのあなた、一本化すれば本当に楽になれますか。

 

確かに一本化して、今よりも安い金利で借りなおせれば返済は多少なりとも楽になるでしょう。

 

でもよく考えてください、多重債務を一本化して多少楽になったとはいえ、利子がなくなるわけではありません。一本化して、月に1万、2万と返済金が楽になって完済までたどり着ける自信がある方はもちろんやるべきだと思います。

 

しかし、あなたの場合、本当に完済できるかよく考えてみてください。もしかしたら、とりあえずの逃げ道と考えていませんか?

 

一本化すれば本当に完済できますか?

 

一本化したのにさらに大きな借金に・・

 

一本化を考えているということは、それなりに借り入れ件数も多く、その金額も相当あるのではないでしょうか。

 

あなたは本当にその金額を一本化したことで払いきる自信がありますか?

 

一番怖いのは、返済がきつくなってまた新たに借金をしてしまうことです。
そうなると、大きな額の一本化した債務とさらに新しく作ってしまった債務がまた雪だるま状にに膨れ上がることです。

 

私も一本化で失敗した経験があります

 

実は私はその経験があります。4社で200万位の多重債務があったとき、ある一社からおまとめの誘いがありました。

 

もちろん即行飛びつきました。利子もかなり優遇してもらいました。(あの当時は、まだグレー金利が取り締まられていなかったので、血行高い金利を払っていました。)

 

しかしそこに油断がありました。せっかく他社を完済したつもりだったのですが、その完済した業者の私の融資枠がそのまま残っていることを知ってしまったのです。

 

(完済した業者のカードをATMに入れたら、完済したから当然現在の借り入れ額が0円なので、借り入れ枠いっぱいまで借りられる状態でした。)

 

そんなことで、ちょっと返済に苦しくなった時に、せっかく完済した業者からまた借り入れをしてしまいました。しかもあっという間にまた次から次。以前を遥かに越える多重債務者になってしまったのです。

 

一本化を甘く考えると大やけど

 

気がつけば、200万の大枠をはじめ、80万、90万と7社、合計600万近くの多重債務者になってしまいました。

 

そして、とうとう行き詰まり、債務整理の道へと進んだのです。一本化を甘く考えると、大火傷の危険性もあります。

 

多重債務になってしまった自分の性格と考え方の甘さをもう一度をよく振り返っててみてください。

 

本当に自信ある方だけ一本化をお勧めいたします。

 

 

 

自分との相談は本音で

 

苦し紛れなら一本化はあきらめましょう

 

 

よく考えてみてください。悪いことは言いません。多重債務に陥ったら自力で這い上がることはほとんど無理だと思いますよ。

 

何しろ、「これが最後」、「今度こそ最後」と、いったい何件の借り入れをしてしまったか考えてみてください。

 

そして、結局大きな借金の山を築いてしまったことを自覚してみて下さい。

 

私も、もっと早く実態をしっかりと直視するべきだっと、返済がどうにもならなくなった時に思いましたがとの祭りでした。どうしても、自分の借金が多額になってしまうと、その恐ろしさのあまり、現実を直視できなくなったり、逃避したりしてしまいます。

 

でも、いつかはすべてを片付けなくてはなりません。

 

真摯に自分と向き合って!

 

借金をまとめれば本当にきれいに片づけることができるのかどうかは、誰に相談するでもなく、相談するのは自分自身です。

 

今までこれだけ借金してしまった自分の気持ちや性格を知っているのは、自分自身です。

 

何事も自分自身の中でごまかすことも、安易な考えを策すこともなく、真摯に自分自身に相談してみてください。

 

「やっぱり無理だよね」と少しでもどちらかの自分が本音を吐いたら、もうこのゲームは終わりにしてみてはいかがですか?

 

 

 

 

私の一本化計画の場合

 

一本化の限度額は絵に描いた餅

 

 

限度額300万、500万と一本化を謳っている銀行や消費者金融で、今のあなたがすんなりと借り入れすることをできると思いますか?

 

これも私の経験ですが、限度額まで借り入れしようとしたらかなり審査は厳しいですよ。あなたの多重債務が150万、200万程度でしたら可能性はあるかもしれませんが、300万の限度額のところで300万まで借り入れようとしても難しいと思います。

 

それなら、500万のところで300万ならとどう?と、お考えになるかもしれませんが、それでも多分きついと思います。一本化の最高限度額は、よほどのことがない限り、そこまでの借り入れは難しい、「絵に描いた餅」だと思ってください。

 

どこの消費者金融でもだめでした

 

私も500万近くの債務の時、楽天はゴメンナサイのはがき一枚で却下されましたし、すぐに一本化できそうな文言が書かれた、いくつかの消費者金融でもだめでした。

 

確か、借金が500万までいっていない頃に、割とゆるいと聞いていたスルガ銀行もだめでした。

 

特に、消費者金融のほとんどが、保証人や土地などの担保を要求してきます。

 

そんな苦労している間に、債務処理の手続きを済ましてしまったほうが本当に多重債務脱出の近道ですよ。かなり優良な債務者だなければ、一本化の審査は通らないのではないでしょうか。

 

多少は手を打ってみる

 

なにがなんでも一本化しなければならないと思っているのなら、前もってできるだけの手を打って臨む必要があります。

 

一番いい例は、借り入れ件数を減らしておくことです。できるだけ今借りているところを自分なりにまとめて、1件でも2件でも件数を減らすことです。

 

お金がないのですから、借り入れ金額を減らすことは不可能です。しかし、そんな状態でお金を回してきた才能をフルに利かせて、件数をまとめる算段を考えてみてください。

 

一本化の審査は、金額はもちろんのこと、借り入れ件数がかなり重要なポイントになっている項目です。もし、どうしても一本化というのであれば、なんの考えもなく申し込むのではなく、なにがしかの策を行ってから臨むことが必要です。

 

 

まずは無料借金減額シミュレーターであなたに最適な相談所をチェック
↓    ↓    ↓    ↓    ↓