多重債務解決のために行った任意整理体験記

私の任意整理体験記 実践編

 

任意整理でここまでなった

 

 

私が多重債務でこしらえた借金内容は下記の通りです。
(バンザイしたときの元金残高)

  1. A社  195万円
  2. B社  135万円
  3. C社  90万円
  4. D社  80万円
  5. E社  30万円   
  6. F社   30万円
  7. G社   20万円

以上の7社合計580万円とよくもコレだけ借金したものです。

 

返済金額は月に約18万でした。
(もちろんバンザイ直前のころはE〜H社当の自転車操業追加資金でまかなっていました。)

 

任意整理スタート

 

引き直し計算で元金が100万減った!

 

司法書士にお願いして任意整理となった私の借金。

 

引き直し計算をしてもらった結果、借金元金580万円が下記のようになりました。>

 

  1. A社  195万円⇒195万円
  2. B社   135万円⇒100万円
  3. C社   90万円⇒57万円
  4. D社   80万円⇒54万円
  5. E社   30万円⇒27万円
  6. F社   30万円⇒27万円
  7. G社   20万円⇒20万円

 

合計580万円が480万円に圧縮(今まで払った高利息を法定内の利息に直し再計算し、多く支払っていた分は元金から差し引いてもらいました)されました。

 

また、これから返済する金額は全て利息がつかなくなりますので、返済した金額は利息に喰われることはありませんので、全て元金に充当されることになります。

 

返済は通常3年で支払うことが多いのですが、私の場合大きい金額のところは5年で組んでもらえることができました。

 

毎月の返済額

 

その結果毎月の返済金額は8万円と、最高に返済していた当時から10万円も楽になりました。

 

もちろん月8万円は厳しいです。何しろもう以前のようには借金を転がせませんから。

 

私はその返済金額を確保するために、月に2〜3度、友人がやっている仕事を会社の休みの日に手伝わせて貰ってます。そこで得た2〜3万円程度を返済の足しにしています。もちろん会社にばれないように(^^ゞ

 

 

私の場合は、いろいろな状況から個人再生が認められなかったので、結構きつい返済額となってしまいましたが、個人再生が認めてもらえる状況の方は、大きく減額してもらえるので返済は相当楽になるはずです。

 

個人再生についてはコチラ>>個人再生

 

司法書士への支払い

 

6か月の分割支払い

 

私の債務整理費用は以下のようなものでした。

 

  • 債権者1件につき4万円(7件×4万円で28万円)
  • 諸費用1万5千円
  • 合計29万5千円

 

あくまでもこれは私がお願いした司法書士事務所の金額です。

 

今では、これ以外に、減額の交渉に成功した場合減額金の10%前後かかるところが多いようです。
私がお願いしたところはかかりませんでしたので、約100万の減額がありましたが上記の金額だけで済みました。
(まぁ、その代わり、1件当たりの金額が、あの当時としたらちょっと高いような気もしますが・・・)

 

そしてこの支払いは6ヶ月の分割にしてもらいました。

 

私の場合は債権者との和解に半年ほどかかりましたので、その間にこの費用を支払いました。(だいたい普通はこのくらいの期間がかかるようです)
(もちろん和解になるまでの債権者への支払いは完全に無利息でストップします。)

 

債務整理の費用は高い?

 

専門家に依頼することが高いか安いかはあなたのご判断です。

 

もちろん、ご自分で債権者と話し合ったり、裁判所に入ってもらい専門家の介添えなく債務整理をすることもできますが、素人ではなかなか難しいところも多々あります。

 

お金はかかってしまいますが専門家に依頼するほうが安心だと思います。

 

なにしろ、難しいことはみんな法律事務所がやってくれるので、スムーズに債務整理を行えることを考えれば、おまとめローンなどで払う利子の合計よりもずっと安く上がってしまいます。

 

 

※金額はその事務所によってまちまちです。よく調べてください。

 

債権者への返済方法

 

毎月の返済

 

こちらも法律事務所によって違います。

 

毎月弁護士事務所や司法書士事務所に各社の返済金の合計を振り込み、そこから各債権者に支払ってもらうところ(手数料は取られます)や、私のところのように、依頼者が各債権者に1件1件に振り込むところとあります。

 

各事務所によりいろいろな違いがありますので、よく確認をしてください。

 

直接返済する場合の注意

 

債権者に1件ずつ支払いする場合に気を付けておきたいことがあります。

 

それは、多重債務者の場合返済する件数が多いので、毎月間違えないように確実に入金しなければなりません。

 

私も、1度金額を間違って払い込みしてしまったことがありますが、金額や件数などをきちんと支払えるように工夫してみてください。

 

たとえば返済専用の通帳で管理するとか、振込カードを作っておくなどして間違いのないように振込してください。

 

ちなみに、私が振込金額を間違えた時、その間違えた業者は、債務者に直接に連絡することが法的に禁じられているので、ちゃんと法律事務所経由でその間違いの連絡がありました。

 

その連絡も、「振り込んでおいてください」との業務連絡程度の電話が来ただけで、それ以外に必要以上の連絡はありませんでした。

 

まずは無料借金減額シミュレーターであなたに最適な相談所をチェック
↓    ↓    ↓    ↓    ↓